みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月21日 (00:32)

吉野の冬

坂上田村麻呂は、東日本にいた蝦夷(つまり東夷)を討つために征夷大将軍となり、その役目を見事に果たしました。東夷からすれば理不尽な征服者であるはずの田村麻呂ですが、東北地方に残る伝記には彼に好意的なものが多いといいます。

             
久保の桜
《 久保の桜 》は樹齢およそ1200年のエドヒガン桜。

東北征伐の途中、田村麻呂は豪族・久保氏の家に宿をとります。
久保氏の娘、お玉は、かいがいしく世話をしているうちに田村麻呂を慕うようになりましたが、田村麻呂は征夷を終え京へ戻らねばなりませんでした。

お玉は食事もとれぬほどに田村麻呂を想い、ついには病にたおれ、そして田村麻呂の名を呼びつつ亡くなってしまいます。
このことを伝え聞いた田村麻呂は桜の木を送り、お玉の墓前へと手向けました。
その時の桜が今も花を咲かせる《 久保の桜 》です。



坂上是則は田村麻呂の子孫で、世に桜で知られる吉野を故郷と歌いました。

み吉野の 山の白雪つもるらし ふるさとさむくなりまさるなり


吉野の山では雪が積もっているらしい。古里は寒さが厳しくなってきてるんだな。



そして百人一首でもやはり吉野を歌っています。

朝ぼらけ有明の月とみるまでに 吉野の里に ふれる白雪

夜がほのぼのと明ける頃の月と見間違うほど輝いているのは、吉野の里に降り積もった白雪だったんだ。

桜の里・吉野にあって寒い冬を歌ったこの歌は、百人一首の中でも、脳裏に浮かぶ風景の美しさが際立っています。



東北の地に悲恋の桜とともに名を残す田村麻呂と、桜の名所の冬・白雪を詠む是則。
このちょっと不思議なバランスがなんとなく好きです。




   *     *     *     *     * 


人気ブログランキングへ1日1回♪  

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/9-8b113708

ブログ・カウンター

♪たいていのものが揃う♪

 

楽天で探す
楽天市場

口座開設

ネット銀行なら...♪


アフィリエイトに挑戦!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

TG-アフィリエイトプログラム
A8.net

Find-Aでお小遣い稼ぎ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

応援クリック、お願い♪

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。