みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

2009年05月11日 (23:02)

水を持て

インドの生んだ偉人ガンジーは非暴力を訴え続けた。



1991年、ヒンズー教の聖地アヨディヤに建っていたイスラムのモスクが破壊された。

1年後、ムンバイでヒンズー教徒とイスラム教徒の対立が激化。
少数派のイスラム教徒が2000人以上殺されてしまいました。

怒ったイスラム側はパキスタンの支援を受けて、ムンバイ連続爆破事件を起こします。
1993年3月、証券取引所、エアーインディアビルなどムンバイ市13ヶ所を爆破。
500人以上の死者を出す悲劇でした。

その後アヨディヤにヒンズー寺院を建築をすることになり、各地から支援者が集まっていました。もちろんイスラム教徒は反発します。

そして2002年、またしても事件が起こります。
アヨディヤを訪れたヒンズー教徒たちが乗る貸し切り列車が、ゴドラ駅近くに停車し乗客らが気勢を上げます。

怒った周囲のイスラム教徒たちは発車しようとしていた列車を止め、ヒンズー教徒を列車に閉じ込めました。
そして窓を割り油を投げ入れて放火したのです。

この列車放火事件で多数の女性や子供もたちまでもが焼き殺され、グジャラートの暴動を引き起こす事になりました。
グジャラートの暴動では死者およそ1000人、10万人を超す人が家を失いました。


*     *     *     *     *


2004年3月、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスの指導者ヤシン師が、イスラエルの攻撃をうけて殺害されました。ハマスは全面戦争を宣言しました。


戦争・テロ・報復...そんな歴史がまた繰り返されようとしています。
暴力の連鎖に終わりは無いのでしょうか。


*     *     *     *     *


クジャラートの難民キャンプを訪れたインドのバジパイ首相はこう言っています。


火を持って火を消すことはできない。火はで消すものだ。



* この記事は新聞報道などを参考にしたものです。
  また思想・宗教的な意図は一切ありません。



   *     *     *     *     * 

人気ブログランキングへ1日1回♪
カテゴリ : 散歩道記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/45-5d0624c7

ブログ・カウンター

仮想通貨


  

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら