みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年04月25日 (09:20)

懺悔

小さな野の花のように美しく生きなさい

               聖フランチェスコ


ヨハネ・パウロ2世は、教会の改革を掲げた前任者ヨハネ・パウロが、就任後1ヶ月ほどで急死した後、法王となった。
彼はヨハネ・パウロ2世を名乗ることで前任者の遺志を引き継ぐことを内外に宣言した。

カトリック教会には「福者」「聖者」という称号がある。
過去、「福者」になるにはその死後、数10年、「聖人」となるためには、更に数10年、死後から数えて100年前後を要していた。

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世はマザー・テレサを「福者」に列することを決めた。
彼女は、あと数年もすれば「聖人」に列せられるだろう。その時、彼女の死後10年ほどしか経過していない。
カトリック教会の歴史を塗り変える出来事になるはずだ。



ヨハネ・パウロ2世が教会の歴史を変えたのは今回が初めてではない。
ミレニアムに沸いた2000年、彼はまさに教会のタブーに挑戦し、その歴史を変えた。



2000年3月12日 バチカンのサンピエトロ寺院で彼は懺悔した。
教会が歴史の中で犯した過ちを認めるものだっだ。

一、神の子(ユダヤ人)を苦しめた行為を認め
一、異端に対する敵意を持ち、暴力を用いた(十字軍・異端裁判など)ことを認め
さらに 一、布教に際し 人種、民族的な差別をし、伝統的宗教や文化に対する侮辱的な行為があったことを認めた。


ヨハネ・パウロ2世は手を震わせ、しかし、しっかりとかみしめるように、教会の過去の過ちを語り、列席した信者とともに祈りを捧げた。


イタリア映画「ブラザーサン・シスタームーン」に描かれた、アッシジの聖人・フランチェスコ十字軍への懐疑を示してから、実に900年の時が過ぎていた。


犯した過ちを認め謝罪する。
人の偉大さは、そんな時にこそ現れる。



   *     *     *     *     * 

人気ブログランキングへ1日1回♪ 
カテゴリ : 散歩道記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/40-97c33c53

ブログ・カウンター

♪たいていのものが揃う♪

 

楽天で探す
楽天市場

口座開設

ネット銀行なら...♪


アフィリエイトに挑戦!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

TG-アフィリエイトプログラム
A8.net

Find-Aでお小遣い稼ぎ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

応援クリック、お願い♪

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。