みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

2009年04月12日 (11:57)

なげきつつ ひとりぬる夜の明くるまは いかに久しき物とかはしる

                    右大将道綱母

泣いて一人寝をしている夜がどれほど長いものか、あなたはわかっているの?


可愛らしい娘が恋人を待ちわびているわけではなくて、愛人のもとへ通って帰ってきた夫を、妻が家から締め出して歌った歌らしいです。

そういう経験は私にはありません。(爆)
なので、その心理もわかりません。(笑)



わすれじの行末まではかたければ けふをかぎりの命ともがな

                     儀同三司母

忘れないよ...そんな言葉の行末を信じるより、幸せな今、死んでしまいたい。


私には、この歌の心理もやっぱりわかりません。やっぱり死にたくないし...(笑)



この二つの歌、どちらも男女の仲の歌なのに、作者の表現は何故か...のですね。

百人一首の中で「」って呼ばれているのはこの二人だけ(たぶん)。
その二つが53番と54番に並んで置いてあります。
さらに右大将道綱母の夫は藤原兼家儀同三司母の夫は藤原道隆
藤原兼家藤原道隆父子
う~~ん、なんか意図があるのかな?

全然わかりません。m(_ _;)m



   *     *     *     *     * 


人気ブログランキングへ1日1回♪  

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/31-ac801b6e

ブログ・カウンター

仮想通貨


  

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら