みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年03月19日 (10:54)

この道

松尾芭蕉という人の亡くなった年齢をご存知でしょうか?

1644年生まれ 1694年没 享年51
イメージよりも若くありませんか?


芭蕉は自ら老いを望んでいたようです。
老いの身で旅をし 俳句を読み紀行文を記す。
芭蕉の生涯の目的は そんなところにあったように見えます。


さて『奥の細道』ですが

行く春や 鳥啼き魚の 目は泪     
と行く春に旅立ちの時を迎え

蛤の ふたみにわかれ 行く秋ぞ    
と行く秋に旅の終わりを告げる。

文学を語るほどの知識も学もない私ですが
この部分だけを切り取ってみて「上手くできてるなぁ」と感心しています。



わづらはで 月には夜も かよひけり  隣へつたふ 畔のほそ道
 芭蕉から遡ることおよそ500年 奥州を歩いた西行


都をば 霞とともに たちしかど 秋風ぞ吹く 白河の関
 西行のさらに100年前 奥州をめぐった能因


月日は百代の過客にして 行きかふ年も又旅人なり

ご存知の書き出しで始まるこの紀行文におさめられた旅は、旅人が数百年の時をたどった旅でもあったのです。



松尾芭蕉 辞世の句とも言われている一句を最後に記します。
芭蕉にとって『』とはなんだったのか...自分にとって『』とはなんなのか...
そんなことを考えてみたくなります。


この道や ゆく人なしに 秋の暮れ




   *     *     *     *     * 


人気ブログランキングへ1日1回♪  
カテゴリ : 散歩道記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/24-646e5f03

ブログ・カウンター

♪たいていのものが揃う♪

 

楽天で探す
楽天市場

口座開設

ネット銀行なら...♪


アフィリエイトに挑戦!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

TG-アフィリエイトプログラム
A8.net

Find-Aでお小遣い稼ぎ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

応援クリック、お願い♪

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。