みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年03月27日 (09:00)

教える ということ

音読と視覚化を続けることで、その問題が、何を答えとして求めているのかを確実に把握する力を養う。

カッコ良く言えば、こうなります。もう基礎中の基礎ですが、偏差値40台ってこんなものだと思います。二男の場合、公文のおかげで計算力は持っていました問題を把握する力をつける努力は音読と視覚化で継続します。次に来るのは、問題を解くテクニックを身に付けることです。

問題を把握でき、それを解くテクニックを持っていて、計算ミスが無ければ...正解!!(笑)

このテクニックを教える部分が世間で言う 教える っていうところですよね。塾でもメインはこの部分だと思います。私が親塾で実施したのは、主に予習シリーズを使った普段の勉強と、夏休みの親子合宿です。


次回は予習シリーズについて語ります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ ← クリックすると私がスゴク喜びます♪ 
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/138-1febd40d

ブログ・カウンター

♪たいていのものが揃う♪

 

楽天で探す
楽天市場

口座開設

ネット銀行なら...♪


アフィリエイトに挑戦!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

TG-アフィリエイトプログラム
A8.net

Find-Aでお小遣い稼ぎ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 

応援クリック、お願い♪

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。