みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

2013年03月19日 (09:00)

合理的方法

昨日の記事で、二男がズルしないか...みたいなことを書きましたが、ズルってどんなことなのか?というと、例えばこんなことです。

 という漢字を10回書く

という課題があるとします。(受験勉強でこんなのは無いでしょうが、たとえ話です)

長男の場合
おそらく  と言う字を10回書きます。

二男の場合
まず  里 里 ・・・ と10個書き、あとはひたすら  を打ちまくる。(笑)
たしかに  が10個出来上がるんですが、という字を1個も書いていません。

二男は合理的といえば合理的なんですが、悪く言えばズル賢い...私に似ています。似なくて良いとこなんですけどね。(^ ^;


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ ← クリックすると私がスゴク喜びます♪ 
にほんブログ村

コメント

ヾ(>▽<)ゞダハハハ

こんばんは♪
私と同じ事をヾ(>▽<)ゞダハハハ
これって、全くダメなんですよね~
書かれているように、指定された文字を全く書いていないからNGですね~

私は息子の勉強を見ませんでしたが、奥さんは漢字に関しては厳しく指導していたようです。(習字の先生でしたから)
漢字練習帳に汚い字で書いていたら(汚くても、一生懸命書いたのが伝わればOK。見れば分かるそうです)、消しゴムで全て消していましたからね~
それ以外は私同様「やることやって・・・」でした。

合理的ではあるけど、覚えないです。
それは実践した私が一番分かっています(笑)

キチンと書きましょう!(笑)

りゅうさん、やりましたか?

もちろん私もやりました。こういうのは得意でしたよ。(笑)

ちょっとでもラクしようって魂胆が、社会に出るとちょっと役に立ってしまったりするところが悩ましいです。(^ ^;

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/130-652ece33

ブログ・カウンター

仮想通貨


  

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら