みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

2009年02月22日 (10:32)

二人乗りの船

「あの船が3人乗りだったら...」

司令船操縦士マイケル・コリンズは、降りていく船を見つめながら、そんなことを考えていた。
船が目的地に降り立つのを見届けると 彼は自らの任務を黙々と遂行した。その顔には穏やかな微笑が浮かんでいた。

月面着陸船

      

一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な躍進だ


1969年7月20日午後10時56分15秒、アポロ11号・船長ニール・アームストロングは、人類史上初めて月面に降り立った。その19分後、エドウィン・オルドリン月着陸船操縦士が月面の土を踏む。

アームストロングとオルドリンは月面に降りた後、岩石の採取などの他、アメリカ国旗を立て写真を撮り、あるいは地球と交信をし、また100M程離れた所まで歩行もしている。



司令船に残ったコリンズは月の周回軌道を巡って月面の観測をした。彼はたった1人で月の軌道を周回し、その役割を果たした。
月面を目前にした彼は、しかし、ただの一歩も月面を踏むことなく地球へと帰還した。



月には記念のプレートが残された。

《 HERE MEN FROM THE PLANET EARTH      
        ここに地球からの人類が
FIRST SET FOOT UPON THE MOON      
         月面に初の一歩をしるす 
JULY 1969,A.D       
         1969年7月

  WE CAME IN PEACE FOR ALL MANKIND
                    私たちは全人類のために平和のうちに来た》



プレートには ニクソン大統領
アームストロング、オルドリン
そしてコリンズの名が刻まれている。




   *     *     *     *     * 


人気ブログランキングへ1日1回♪  
カテゴリ : 散歩道記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/11-1a67bcc5

ブログ・カウンター

仮想通貨


  

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら