みちしるべのないみち の みちしるべ

  ◆いわゆるダイアリー ・・・ 日記  ◆百人一首をテーマに ・・・ 百人通り  ◆いわゆる随筆 ・・・ エッセイ  ◆気の向くままに ・・・ 散歩道  ◆音楽的思い出 ・・・ CD
 
 
♪ 野球少年だった長男・二男の、大学附属中学受験を振り返り中 ♪
        終わってみれば  ☆☆☆ 中学受験 ☆☆☆  穏やかな気持ち

2009年02月19日 (19:23)

奇跡

もう息ができないわ   


1997年9月6日 アグネス・ゴンハ・ボジャヒューはそう言って息を引き取った。87歳であった。

アグネスは、1910年 アルベニア人の両親のもとボスニア地方に生まれた。
18歳で信仰に生きる決意をした彼女は、アイルランドの修道院で一年間修行の後、インドへ移った。
1979年 ノーベル平和賞を受賞したが、その賞金は当然のように彼女のボランティア活動に費やされた。

彼女はこんなことを度々口にした。

大切なことは、目の前にある人に対して愛を持って接すること

また日本に対してはこんな風にも言っている。

日本の家庭ではお互いに微笑み合う時間すらない

アグネス・ゴンハ・ボジャヒュー...マザー・テレサ...その人である。

彼女が シスター・テレサ と名乗るようになったのは1931年。
テレサの名は、これも実在の人物であるスペイン・アビラの聖女テレサに由来する。

何ごとも心を乱すことなく
何ごとも恐れることはない
すべては過ぎ去っていく 


これはアビラの聖女テレサの言葉。


マザー・テレサの主宰した神の愛の宣教者会は、世界中にネットワークを拡げ
敬虔なシスターたちによって、その活動は更なる広がりをみせている。


マザー・テレサは逝った。けれどもテレサの奇跡は終わってはいない。


追記

マザー・テレサ個人の財産は 彼女のトレードマークとなっていた、青縞の入った白いサリー1枚だったと言われている。



   *     *     *     *     *

人気ブログランキングへ1日1回♪

カテゴリ : 散歩道記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mitisirube5.blog56.fc2.com/tb.php/10-8a5ada84

ブログ・カウンター

仮想通貨


  

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
♪  みこのすのオススメ  ♪
  夢のある贈り物           お取り寄せなら